Domaine Julien Gérard & Fils

ドメーヌ・ジュリアン・ジェラール・エ・フィスは、4世代続く家族経営の歴史ある名門で、数々のミシュラン星付きレストランにオンリストされています。現当主エティエンヌが、2012年ヴィンテージより父・ジェラールから引継ぎ、大量生産とは一線を画す素晴らしい品質のワインを造りだしています。エマニュエル・ルジェやジョルジュ・ノエラとも親交が深く、若手生産者の中で最も注目を浴びている一人である氏がテロワールにこだわりながら造るワインは、伝説の醸造家アンリ・ジャイエのいとこ、ロベール・ジャイエの双子の孫が作るCAVIN(カヴァン)という樽で全て熟成。
若いうち(3~4年後)から美味しく飲めるワインのスタイルで、力強さよりもエレガントでフレッシュ、やさしい味わいを目指しています。

CÔTE de NUITS VILLAGES

CÔTE de NUITS VILLAGES

ドメーヌの中で最も大切にしているワイン。ドメーヌの本拠地であるコンブランシアン村の6つのテロワールのブレンドにより造られる。生産量も一番多く、ドメーヌのワインスタイルを表現するスタンダードライン。チキンなど白身の肉や魚とよく合う。
◆ 取扱ヴィンテージ 2014年, 2015年
NUITS SAINT GEORGES

NUITS SAINT GEORGES

ニュイ・サン・ジョルジュ南の畑、4つのテロワールのブドウをブレンドして造られる、力強くミネラル豊富なワイン。フルボディでパワフルなこのワインは飲み応えがあり、余韻が長く、数年間瓶内熟成させればエレガントで官能的な丸みが完全に開いて最も楽しめる。ラム肉のローストや、鴨の胸肉といった風味豊かな肉料理や、ソフトなウォッシュチーズとの相性は素晴らしい。
◆ 取扱ヴィンテージ 2015年
NUITS SAINT GEORGES AUX SAINT JULIEN

NUITS SAINT GEORGES AUX SAINT JULIEN

ニュイ・サン・ジョルジュ北側にある1区画の畑のブドウのみからできる。
以前は村名と一緒に醸造していたが、プルミエクリュ並みのポテンシャルがあると判断し畑名として生産。根深く湿気の多い土壌。北側のブドウは力強さもあるがシルキーで、南に比べ、よりエレガント。
フランス革命の前にサン・ジュリアンというカトリックの教会があったため名づけられた。
◆ 取扱ヴィンテージ 2015年
ALOXE CORTON Les VALOZIÈRES

ALOXE CORTON Les VALOZIÈRES

石灰岩を大量に含んだ赤茶色の土壌で、炭酸カリウムとリン酸が豊富である。 北向きの斜面。湿った土壌で丘の麓に位置するため、この畑でよいワインを造るには、収穫量をコントロールするなど入念に手入れをする必要がある。
◆ 取扱ヴィンテージ 2015年
NUITS SAINT GEORGES 1er LES BOUSSELOTS

NUITS SAINT GEORGES 1er LES BOUSSELOTS

「ブスロ」とはブルゴーニュの方言で、起伏のある土地を意味する。白粘土質と砂質の混ざった土壌。畑は、ニュイ・サン・ジョルジュ北側、標高280メートルの斜面中腹にあり、ニュイ・サン・ジョルジュでも標高の高い畑のひとつである。80年の樹齢のブドウ、水はけの良いテロワール、冷たい風により収穫量を抑えられる、これら3つの条件から、エレガントで凝縮感のあるワインとなる。
◆ 取扱ヴィンテージ 2015年
ECHÉZEAUX Grand Cru

ECHÉZEAUX Grand Cru

粘土質。Treuxという区画のブドウから造られる。グラン・エシェゾーの畑と同じラインに位置する。畑の中でブドウの成熟度が均一でないため、収穫時期が異なる難しいテロワール。冷たい風が吹く涼しい畑。 エシェゾーはテロワールの特徴として自然と力強いワインができるが、同時にエレガントさを兼ね備えたワインとなる。
◆ 取扱ヴィンテージ 2015年

 

シャンパーニュ

アンリ・ジローについて

ラインナップ

アンリ・ジロー ジャパン

〒105-0013
東京都港区浜松町1-22-8
深谷ビル3F
TEL : 03-5777-2639
FAX : 03-5777-2627

HENRI GIRAUD JAPAN

3F Fukaya Bldg.
1-22-8 Hamamatsucho Minato-ku Tokyo 105-0013
TEL : 03-5777-2639
FAX : 03-5777-2627

Pagetop